海外口座を活用する

株

レバレッジ規制がない

日本国内のFX業者と違って、海外fxの違いが一番分かりやすいのがレバレッジ規制です。日本では2011年8月以降に導入された規制なのですが、レバレッジ最大25倍までしか設定できなくなったのです。この規制が導入される前は、100倍や200倍など設定ができたのですが、個人で運用する場合は25倍が上限となったのです。そもそもレバレッジとは、預けた証拠金に対して何倍の金額で取引ができるかです。本来、1米ドル100円の時1万通過購入したいなら、100万円必要になります。それが、レバレッジ10倍なら10万円だけ準備をすればいいのです。少ない証拠金でも大きい金額を運用できるのがレバレッジの魅力です。また、証拠金規制がない海外fx業者なら、レバレッジ100倍であるとわずか1万円あれば100万円の取引ができることになるのです。レバレッジ10倍で1万通過の運用なら、1米ドル100円が101円になると1万円の利益にしかなりませんが、レバレッジ100倍だと10万円の利益になるのです。例えば、指標の結果がよく相場が上昇局面で、追加でロット数を増やして運用をすれば多大な利益を出すことができるビッグチャンスなのに国内業者であるとレバレッジ規制があるために、これ以上ポジションを増やすことができないことがあります。しかしこのような場合は海外fx業者を使ってレバレッジを高くして運用する、相場の状況に合わせた柔軟なトレードをすることも海外fxはできるのです。